リフォーム塾 Lesson.1 トヨタホームでかなえる、わが家らしいリフォーム。

Lesson.1 2回目の家づくりを 楽しもう!

リフォームは、決して特別なものではありません。
60年先も続いていく、家族の幸せを支えるために
欠かせないものであり、わが家での毎日をもっと
輝かせる「2回目の家づくり」なのです。
そんなリフォームについて、チェッくまと一緒に
勉強していきましょう。

何のためにリフォームするの?

リフォームの大きな目的は、
家族の「いま」と「これから」のため。

住み始めたときは何もかもが新しく、使い勝手がよかったわが家も、月日を重ねるごとに傷みや不具合などが出てきます。家族一人ひとりの年齢やライフスタイルも変化して、住まいに対する新たな要望や不満・不安を感じることもあるでしょう。こうした「わが家の課題」を解決する方法のひとつが、リフォームです。単なる修理や設備の交換、バリアフリー対応だけではなく、暮らしの基盤となる住まい全体を見つめて、「どこをどう変えたら毎日がもっと安心で快適になるか」を考えてみましょう。リフォームの一番の目的は、家族や住まいの「いま」「これから」と向き合うことです。家族と一緒にわが家も成長させていく、そんな希望にあふれたリフォームに楽しく取り組みましょう。

リフォームってどんな種類があるの?

住まいの状態や家族の希望に合せて、
必要なリフォームを考えましょう。

目的や規模など、リフォームの種類は多岐にわたります。ここでは、リフォームを計画するときの参考になる「リフォームの主なきっかけ」「リフォームの主な種類」をご紹介します。住まいの状態や家族のニーズなどと照らし合わせ、わが家に必要なリフォームと実施するタイミングを考えてみましょう。

リフォームの主なきっかけ

住まいの健康を
保ちたい!

外壁・屋根塗装や目地の
はり替えや
防水シートなどを
交換して不具合を防ぐ。

壊れたところを
直したい!

設備の老朽化や
故障など、
緊急性の高い修繕。

家族の変化に
合わせたい!

現在の家族構成や
生活スタイルに、
家のカタチを合わせる。

暮らしの質を
高めたい!

新しい機能を追加して、
よりよい住まいに
進化させる。

チェッくま Check! リフォームの主な種類 どんなリフォームがあるのかを知って、わが家に何が必要かを考えてみよう!

ポイントリフォーム

古くなってきた設備機器の交換や傷んだ部分の修理など、生活に支障をきたす部分のみを修繕・改修。ポイントを絞ることで費用を抑えたり、工期を短縮させたりします。

キッチン

キッチン

家族の笑顔を支える場所だから、使い勝手やデザインなどを追求。

バス・洗面所

バス・洗面所

広い浴槽に温かなバスルーム。水回りをもっと快適に。

トイレ

トイレ

清潔に使え、手入れもしやすい、多機能の設備にバージョンアップ。

給湯器

給湯器

ガス給湯器から、エコキュートにすることで光熱費を削減。

外装・外壁

外装・外壁

住まいの印象を一新させるとともに、躯体の耐久性もキープ。

防水

防水

屋根やベランダなどの防水性を保ち、躯体や室内の傷みを防ぐ。

エコ

エコ

エネルギーを創り、蓄え、賢く使う、次世代のスマートハウスに進化。

断熱

断熱

夏の暑さや冬の寒さを和らげて、居心地のよい室内空間へ。

スケルトンリフォーム

間仕切壁や窓の位置を自由に動かし、大規模な改修を行うリフォーム。間取りの変更などをして、住まい全体を大きく変えます。

大規模改修

大規模改修

家族の変化や時代の流れに合わせ、新築同様に住まいを変える。

二世帯住宅

二世帯住宅

親世代・子世代にとって心地よい距離感の家を実現。

LDK

LDK

家族みんなの暮らしの中心となる場所だから、とことんこだわりたい。

インテリアも新しく!

インテリアも新しく!

わが家を大きく変えるなら、家具やカーテンなども一新。

リフォームの目安はいつ?

築年数を目安に
必要なメンテナンスを実施し、

わが家を効率的にリフォームしていこう。

住まいのお手入れが必要な時期を知って心づもりをしておくと、効率的なリフォームができ、コストも抑えることができます。トヨタホームを熟知しているスタッフが点検に伺います。末永く、安全・安心・快適にお住まいいただくためには、定期的な点検と適切なメンテナンスとリフォームが必要です。

築年数別リフォームの目安
築510年
給湯器、天井、室内のクロスや外壁など、ちょっとした汚れや破損が気になり始める時期。
早めのメンテナンスにより、安心・快適な住まいをキープします。
築1015年
毎日よく使う水まわり(バス・洗面台、トイレ、キッチン、給湯器など)に不具合が出始める時期。
風雨にさらされる屋根や外装などのメンテナンスも必要になってきます。
築1020年
外壁や床、屋根などが経年劣化してくるため、大きな汚れや破損が生じる前に補修しておきます。
また、水まわりを一新する時期です。
耐久性が高いトヨタホームは、この時期も躯体の鉄骨はきれいに輝いています。
築2030年
家族のライフスタイルの変化に合わせ、家のカタチを見直す時期。
二世帯住宅やバリアフリー対応など、必要に応じて大規模な改修を行い、住み継いでいきます。

部位別リフォームの目安

  • ●外壁まわり:15~20年
  • ●屋根(塗装):10~20年
  • ●水まわり:10~15年
  • ●内装:クロスはり替え10年/畳の表替え3~5年
  • ●窓・建具:20~30年

※トヨタホーム建築時期で材料の耐久性や仕様が異なります。上記は一般的な仕様の目安となりますので、詳しくは担当のトヨタホーム店へお尋ねください。

チェッくま Check! リフォームのポイント

リフォームはどんな手順で進むの?

リフォームの主な種類 リフォームをどんなふうに進めたらいいのか、ステップを要チェック!
次回はリフォーム STEP1「計画・検討」についてチェックするよ